プロのPCBメーカー

China PCB Manufacturer
あなたはここにいる:

医療用PCB

近年、医療業界はPCBの組み立てと製造プロセスを非常に重要視しています。すべての医療プロジェクトについて、 PCB製造ハイエンドのカスタマイズが必要です。高、中、小のバッチPCB生産であるかどうかにかかわらず、PCBアセンブラーは、大量生産で高収率を得るために、化学および電気めっきプロセス、プレス、配線、および高温/真空下での穴あけプロセスで開発を続ける必要があります。医療市場はまた、デバイスをコンパクトで、多機能で、ユーザーフレンドリーで、費用効果の高いものにする方法についての激しい競争を指摘しています。

医療グレードPCBの製造動向

現在の工業生産革命、またはインダストリー4.0は、製造速度と効率を改善するために通信とソフトウェアを強調しています。最適な医療グレードのPCBを確保するために、この新しい産業パラダイムから生まれた以下に説明する基準を必ず組み込んでください。

  • 設計意図を確認する:ボードビルドプロセス全体に設計意図を組み込む最良の方法は、開発プロセスの早い段階でCMと提携することです。

  • デジタルツインテクノロジーの採用:シミュレーションは、無駄を防ぎ、開発コストを軽減するために長い間使用されてきました。 PCB製造の場合、デジタルツインテクノロジーはこの目的をカプセル化し、最初のボードが回転する前にエラーまたは潜在的なエラーを識別します。

  • オープンで透過的なコラボレーション:医療グレードのPCBがあなたとあなたのCMの間のコラボレーションになるように、最初からCMとのオープンで透過的なコミュニケーションを確立して利用します。

  • DFMとDFAの使用率を最適化する:医療用PCBA開発を最適化するには、Right-first-time(RFT)製造が不可欠です。この高歩留まりの目標を達成するには、CMのDFMおよびDFAのルールとガイドラインを利用した設計を選択してください。

  • アジャイル製造プロセス:アジャイルプロセスを開始することにより、ボードビルダーは、製造の中断を最小限に抑えながら、設計変更を繰り返し組み込むことができます。

プリント回路基板を利用した医療アプリケーション

医療分野でのプリント回路基板の用途は非常に多く、そのリストは増え続けています。 PCBは、次のような医療機器に含まれています。

  • 血糖値計

  • 心電計

  • ハートモニター

  • 温度計

  • CTスキャンシステム

  • EMG活動システム

  • 輸液制御

  • 蠕動注入技術

  • 血圧計

  • 磁気共鳴画像法(MRI)スキャンシステム

  • X線コンピューター断層撮影(CT)スキャンシステム

  • ガス分析計

  • デジタル細胞計数装置

  • ペースメーカーアナライザー

  • 超音波装置

  • レーザー治療器具

  • 液面コントローラー

  • 神経刺激装置

  • デジタル温度モニター

  • 耳鼻咽喉(ENT)診断機器

  • 医療データ送信機

  • ガスクロマトグラフ

医療業界向けのPCBの種類

リジッドPCBまたはフレキシブル回路基板磁束テレメトリ通信は、心臓装置、ペースメーカー、ICDなどの医療機器の製造によく使用されます。多層フレキシブルPCBは、大規模な小型化を必要とする神経シミュレーションインプラントで非常に高い用途があります。補聴器デバイスや輸液ポンプの場合、通信メカニズムを容易にする柔軟なコイルを備えているため、剛性/柔軟性のあるPCBがより好まれます。耐久性があり安全な電子ソリューションを得るために、invivoおよびinvitro診断アプリケーション用にカスタマイズされたPCBは、顧客'独自の仕様を満たす成熟した設計を採用しています。

適切なPCBメーカーの選択

医療市場は高品質基準に準拠する必要があるため、将来のPCBプロトタイプおよび組み立てプロセスの耐久性、強度、および靭性を維持するための研究開発も試験方法に示されています。医療業界のプロのPCB製造業者であるVictoryPCBは、電気試験方法、イオン汚染試験、圧力試験および温度サイクル試験、自動光学試験、機能試験、フライングプローブ試験、およびICT試験を継続的に増やし、品質を満たすために高度に実装されています。医療用PCBの要件。

×

Contact Us

×

お問い合わせ

*名前
*Eメール
Company Name
Tel
*メッセージ